「メインページ」の版間の差分

提供: LXDE.org
移動先: 案内検索
1行目: 1行目:
 
LXDEはLinuxやBSDのようにUnix互換で、POSIXプラットフォームを用い、GPLライセンスを受けたオープンソースのデスクトップ環境である。 LXDEという呼称は"Lightweight X11 Desktop Environment"の頭文字をとったものである。 LXDEはミニノート・サブノートのように比較的処理能力の低いパソコンでもスムーズに動くように設計され、「省エネ」且つ「高速に動く」デスクトップ環境のソリューションであるとされている。LXDEはUbuntuやDebianといったLinux環境上で動くように設計されているため、それぞれのデスクトップ環境で動くアプリケーションソフトウェアについても柔軟に対応することが可能である。 LXDEはIntelや MIPSなど、既に多くのプロセッサに対応している。 LXDEチームは現在、スマートフォンや携帯端末などのようにARMなどを使った別の環境にも対応するよう推進している。
 
LXDEはLinuxやBSDのようにUnix互換で、POSIXプラットフォームを用い、GPLライセンスを受けたオープンソースのデスクトップ環境である。 LXDEという呼称は"Lightweight X11 Desktop Environment"の頭文字をとったものである。 LXDEはミニノート・サブノートのように比較的処理能力の低いパソコンでもスムーズに動くように設計され、「省エネ」且つ「高速に動く」デスクトップ環境のソリューションであるとされている。LXDEはUbuntuやDebianといったLinux環境上で動くように設計されているため、それぞれのデスクトップ環境で動くアプリケーションソフトウェアについても柔軟に対応することが可能である。 LXDEはIntelや MIPSなど、既に多くのプロセッサに対応している。 LXDEチームは現在、スマートフォンや携帯端末などのようにARMなどを使った別の環境にも対応するよう推進している。
  
 +
 +
[[de:Hauptseite]]
 
[[en:Main Page]]
 
[[en:Main Page]]
 +
[[fr:Accueil]]
 +
[[ko:대문]]
 
[[zh:首頁]]
 
[[zh:首頁]]
[[ko:대문]]
 
[[fr:Accueil]]
 
[[de:Hauptseite]]
 

2008年9月15日 (月) 06:13時点における版

LXDEはLinuxやBSDのようにUnix互換で、POSIXプラットフォームを用い、GPLライセンスを受けたオープンソースのデスクトップ環境である。 LXDEという呼称は"Lightweight X11 Desktop Environment"の頭文字をとったものである。 LXDEはミニノート・サブノートのように比較的処理能力の低いパソコンでもスムーズに動くように設計され、「省エネ」且つ「高速に動く」デスクトップ環境のソリューションであるとされている。LXDEはUbuntuやDebianといったLinux環境上で動くように設計されているため、それぞれのデスクトップ環境で動くアプリケーションソフトウェアについても柔軟に対応することが可能である。 LXDEはIntelや MIPSなど、既に多くのプロセッサに対応している。 LXDEチームは現在、スマートフォンや携帯端末などのようにARMなどを使った別の環境にも対応するよう推進している。