「LXTerminal」の版間の差分

提供: LXDE.org
移動先: 案内検索
37行目: 37行目:
 
すべてのインスタンスを同一のプロセスで共有し、メモリの使用量を低減しているのが特徴。
 
すべてのインスタンスを同一のプロセスで共有し、メモリの使用量を低減しているのが特徴。
  
[[Category:LXDE]]
+
 
 
[[Category:LXDE Components]]
 
[[Category:LXDE Components]]
[[Category:LXDE Modules]]
+
 
[[Category:Terminal Emulator]]
+
[[de:LXTerminal]]
[[Category:Free Terminal Emulator]]
+
[[en:LXTerminal]]
 +
[[es:LXTerminal]]
 +
[[fr:LXTerminal]]
 +
[[zh:LXTerminal]]

2010年5月2日 (日) 09:31時点における版

LXTerminal
LXTerminal.png
開発元 LXDE チーム
最新版
発表日時 2008年9月
頻繁に更新 yes
記述言語 C
対応OS クロスプラットフォーム、Unixライク
開発状況 活発
種別 端末エミュレータ
ライセンス GNU General Public License
公式サイト lxde.org

LXTerminal はLXDEにおける標準的なマルチタブ端末エミュレータ。VTEをベースとしており、不要な依存性を排除している。 すべてのインスタンスを同一のプロセスで共有し、メモリの使用量を低減しているのが特徴。